桃蜜柑章⑪からの続きで、修羅海章

過去にバスケ甲子園に連れて行く約束を二人にしてしまい
ピンチに陥る
モヒカンの弁解が始まった


弁解10分後、、


モヒカン「・・・とまぁ皆で仲良くバスケ甲子園行こうぜ!
   俺にとって二人は大事な存在なんだ!」

ブチッ!

桃「それじゃこっちが納得いかないのよ!」

蜜柑「たいがいにしとけ!コラ!
   今日はハーレム結成記念パーティー
   とでも言いてぇのか!」

・ 
モヒカン「く、くるし・・」

桃「あんたまともな言い訳もできないで開き直り!ふざけんじゃないわよ!」

ss_2010_06_18_23_01_1801.jpg






蜜柑「あたいバカみたいじゃん・・
   ガキの頃の約束ずっと思って生きてきたんだ
   弥生は我慢できずボウズに会いに行ったけど
   あたいはモヒカンに会うのを我慢してたのに・・・
   こんな事ってないよ・・

ダッ!

モヒカン「蜜柑!!」


ガシッ!

桃白姫「ダメ!行っちゃだめ!!」

モヒカン「!?」

桃白姫「ふふふ行ってみなさいよ!
    今行ったら・・・あたし
    死んでやるから!

モヒカン「・・・・・」

ss_2010_06_18_22_59_3403.jpg






桃白姫「ふふふ・・・・
    死んでやるから・・・
    しん・・・」

バタン

モヒカン「桃子ーーーーー!!!」

ss_2010_06_18_23_13_5604.jpg






蜜柑姫の出現、モヒカンの弁解で
桃白姫は怒りと不安がピークに達して気を失ってしまった
そんな矢先にボウズと弥生が桃白宅を訪ねてきた


ボウズ「見舞いに行く途中であねさんに会ったよ・・」

弥生「青島さんを私に預けて走り去ってしまったんです
   追いかけたのですが早くて追いつけなくて
   ・・・・すいません」

モヒカン「すまんな・・2人とも」

弥生「いえ!私が悪いんです!
   ボウズ様と少しでも一緒にいたくて・・
   私が本家へ早く帰ればこんな事にはならなかった!
   本当にごめんなさい・・・」


モヒカン「いや、どっちみち俺が悪いさ・・」

青島さん「モヒカン様、差し出がましいようですが一言いわせていただきます
      蜜柑様はあなたの事をずっと想ってまいりました・・
      それはもう幼少の頃から、、
      蜜柑様の事なにとぞよろしくお願いします!」


モヒカン「青島さん・・はい」

モヒカン「ボウズ、弥生ちゃん・・桃子の事を頼む!!」

ボウズ「にいさん・・・」

モヒカン「蜜柑を探してくる!
     よろしく頼んだぜ!」

・    
(ごめんな・・・桃子
 すぐ戻るから・・・
 待っててくれ!蜜柑!)

ss_2010_06_18_23_53_0302.jpg







「ハァハァ・・・・」

(蜜柑とは昔よく海で遊んでいた
 あいつも俺も海が好きなんだ・・・
 だから多分・・・)

「この交差点を突っ切れば海が!!」
 
ss_2010_06_18_13_53_0305.jpg









モヒカン(くっ!見あたらネェ・・ん、あれは!)
    「!?・・蜜柑!

ss_2010_06_18_13_43_5306.jpg








モヒカン「ハァハァ・・・蜜柑」

蜜柑「・・・よく、ここだとわかったな」

モヒカン「だって、、、、一緒に海でよく遊んだろ
     わかるさ・・・」

蜜柑「・・・・・」

ss_2010_06_18_23_13_5307.jpg











桃白姫「ん・・・ここは?」

ボウズ「気づきましたね、私の家です」

桃白姫「はっ!?、、、モヒカンは?それに・・・」

ボウズ「今は安静にしてる方がいいですよ
    桃さん気を失ったのですから」

桃白姫「それよりモヒカンは?蜜柑って子を追いかけに行ったの?」

ボウズ「・・・・はい」

弥生「桃白さん、、すべて私が悪いんです!
   私が早く、、、早く本家へかえ・・」

桃白姫「ノンノン♪弥生ちゃんは悪くないよ
    これは避けては通れない運命だったのかもしれないし
    モヒカンは優しくて男らしくて頼りになる人
    でもね、誰にでも優しすぎるの・・・
    
    バスケ甲子園の特等席切符は譲れないわ
    
    例えそれがモヒカンの幼馴染だとしても・・・」

ボウズ「まだ起きたばかりで体調はよくないと思いますが
    それでも、、、、行くのですか?」

桃白姫「えぇ・・・・」

弥生「桃白さん!お姉さまの行き先は海だと思います
   お姉さま海が好きなんです・・・」

桃白姫「ありがとう」
   (ここらへんだと夢追海岸だけど、、、 
    まさか、、、)

ss_2010_06_10_17_19_94.jpg











蜜柑「お前は子供の頃と変わらないな・・・
   あたいがいじめられた時、モヒカンが守ってくれた
   つらい時、悲しい時、いつもモヒカンが助けてくれた 
   そしてバスケに一生懸命なモヒカンは輝いていた・・・」

モヒカン「・・蜜柑」

蜜柑「子供の頃のあたいはずっとモヒカンを頼りにしてきたんだ
   あたいも頼りにされたかった・・・
   モヒカンに頼られる強い女になりたかった
   
   そして、いつまでも一緒に
   お互いを助けあっていけたら・・・って

   
    でも!

    お前はあたいから離れた
   離れたんだ・・・・」


ss_2010_06_74_00_13_0808.jpg









蜜柑「やっとそばに来てくれた・・・
   モヒカン知ってるか?
   ここはな夢追海岸といって
   
   想いを遂げられない二人が一つになるところだって
   ・・・・言われてるんだ!!!

モヒカン「!?」

蜜柑「覚悟はいいか!!」


モヒカン「ちょっ!?」

蜜柑「シャイニングウィザード!!!」

モヒカン「ぐはぁ!」


ss_2010_06_10_20_30_6309.jpg


修羅海章 完 最終章へと続きます

続きです


http://kasutera551980.blog96.fc2.com/blog-entry-94.html







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月ごとに絵が変わるカエルくんの日めくりカレンダー
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

くろ豆腐

Author:くろ豆腐
ちーっす!
このブログでは
物語を主にやっていきます
リンクフリーです
よろしく~☆

リンク
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
自作オセロ
by some-news
招き猫
カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
フリーエリア