スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識なんてクソ喰らえヒロイン vol,2 「フランスの破天荒ガール」

ちわ~くろ豆腐です
遂にこの作品をいや、
このヒロインを紹介する時がきた!

ってことで今回はエロゲではなく映画からなんです
やはりこのヒロインを避けては通れない!



フランス映画からです
『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』

1986年フランス映画

35歳で明日の見えない生活を送っているゾルグは
海辺の小さな村でバンガローのペンキ塗り替えで生計を立てていた
彼の前にベティが現われ、二人はたちまち激しい恋に陥る
ベティはウェイトレスをしていたが、店のマスターに嫌気が差し、
足の向くままにバンガローにやってきたのだった

監督 :ジャン=ジャック・ベネックス 
出演:ベティ:ベアトリス・ダル、
ゾルグ:ジャン=ユーグ・アングラード、
エディ:ジェラール・ダルモン、
リサ:コンスエロ・デ・ハヴィランドほか


ストーリーの冒頭を見る限り

普通の恋愛映画と思うじゃないですか?
とんでもないです!
ヒロインのベティは常識では計り知れない女性です


ケース1

唐突に家を訪ね住み込むようになる

shot0003.png

shot0005.png


主人公のゾルグもタジタジです



ケース2

ゾルグの雇い主のおっさんの車をペンキまみれにする

shot0002.png

止めに入るゾルグ
彼女はゾルグに小説の才能があると惚れ込み
ゾルグにペンキなど塗って欲しくないのです

shot0001.png
shot0008.png



ベティはこんな仕事やってられるかというわけで
不機嫌なのです


ケース3

ゾルグに小説家になってもらいたいが為に
ベティはなぜか
ゾルグの家を燃やしました
これは衝撃ですね

shot0011_2016061214130913a.png

shot0010.png
shot0009.png

shot0011.png

shot0012.png

shot0013.png

shot0014.png



ケース4

ボンネットでお尻を温める女

shot0016.png
shot0018.png
shot0017.png
shot0019.png


こんなセクシーな格好で
スーパーの駐車場でボンネットに乗ってる女性は
日本ではまず見かける事はないでしょう!


とまぁ、ゾルグはベティに振り回され続けます

他のシーンでも精神がおかしくなって
全裸で街を走り回ったり

不妊のストレスで
部屋を破壊し、住めない状態になったり

あまりにもすごいシーンなので
画像は控えさせていただきました


この映画構成がグダグダ感で否めないが
そこがなんか妙にハマるから不思議な作品です

この映画の影響で

できたのが
自作漫画の摩訶不思議アベックのももちゃんです

自分が嫁選びに失敗し離婚したりね

このベティの影響は計りしれません

ようは僕は頭がどうかしてる人が好きなんだと思います

こういう感じの人に魅力を感じてしまうとマジで不幸になるので

映画の影響はほどほどにということです

しかし、何回見ても、ベティに魅力を感じてしまうのはもはや
治りはしないですねぇ


なにわともあれ
機会があったら一回ご鑑賞ください
常識というものがくずれるかと思います
スポンサーサイト
月ごとに絵が変わるカエルくんの日めくりカレンダー
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

くろ豆腐

Author:くろ豆腐
ちーっす!
このブログでは
物語を主にやっていきます
リンクフリーです
よろしく~☆

リンク
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
自作オセロ
by some-news
招き猫
カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。