スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望の宇宙の真っ黒日和


swaawwadcharacter_2014_05_24_21_47_47sでcharacter_2014_05_24_21_47_47sきkcharacter_2014_05_24_22_25_51きccharacter_2014_05_24_22_25_51きfrs









qk




swaawwadsdesでcharacter_2014_05_24_20_44_54kddseefrxxzで








swaawwadsswcharacter_2014_05_25_14_41_57sせbbswwさせんkでっさあddせcharacter_2014_05_25_15_34_38lっさあddでcharacter_2014_05_25_16_03_12xxsらsw



元ネタ、ギャグマンガ日和です
尊敬すべし増田様神様!



dxvvせ









無料アクセス解析







スポンサーサイト

四大漫画アンケート調査実施期間中5月31日まで、、 かってにボウズ「せんたく選択お洗濯」の巻

「選択の科学」の話を聞いたことがあるだろうか?日本変態協会にその授業が紹介されたことで、日本でも有名になっていると聞いたことがある。

「選択の科学」とは、コロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授の有名な著書で、「選択という行為が生物に与える影響」「選択が生み出すストレス」「どうすれば自分の選択に満足できるようになるか」等、「選択という行動」について論じている。自己啓発に聞こえる内容も多々あるが、その中でおもしろい実験結果が紹介されている。


教授の実験に「ジャムの法則」というものがある。コンサルタントや商品企画をしている方は聞いたことがあるかもしれない。スーパーマーケットの試食コーナーに6種類のジャムを並べた場合と、24種類のジャムを並べた場合、どちらの方が多くのジャムが売れるだろうか?

24種類のときに決まってるだろーが

と答えるに違いない。ところが、教授の実験結果は違った。24種類の場合では試食した人の3%しかジャムを購入しなかった。一方、6種類の場合は試食した人の30%がジャムを買ったのである。

教授は選択肢が多いことは、ときに選択者にストレスを与えると説く。選択肢が多いからといって、満足を感じるわけではないのだ。この法則は、多くの企業の商品戦略に参考にされているらしい(コンビニの商品棚や携帯屋のディスプレイを見ると、とてもそうは見えないが・・・)。

とまあ、今回、選択肢に関するお話です
漫画は「かってに改蔵」風味です(笑)




ですぁ、








1、




2、






3、







4、








6、






7、





8、





9、





10、






11、






12、






13m




14、






15、








16、







17、






character_2014_05_11_00_04_19おm










であdf









無料アクセス解析

月ごとに絵が変わるカエルくんの日めくりカレンダー
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

くろ豆腐

Author:くろ豆腐
ちーっす!
このブログでは
物語を主にやっていきます
リンクフリーです
よろしく~☆

リンク
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
自作オセロ
by some-news
招き猫
カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。